ツナガレ >  リベリアの主要情報とWi-Fi・国際ローミング対応情報

リベリア

リベリアで利用可能なWi-Fiサービス一覧。
ご利用料金は通信費+補償制度+予備バッテリーなどのオプション
×利用日数+受渡手数料となります。


外貨両替不要!海外専用プリペイド トラベルマネーカード!

リベリアで利用可能なレンタルWi-Fiサービス一覧

月間10000人以上が利用!安心のブランド グローバルWIFI(3G)

24時間 365日サポート 申込前日OK 宅配 空港受取


ユーザー評価★★★★☆

オススメ度★★★★☆

安さ★★★★☆

サポート★★★★☆

オススメポイント業界内1番のリーズナブルな価格!4G, LTEの取り扱い最多。利用可能国も随一の200以上の国・地域!!

日額料金通常価格 1,570/日
▼ オプション・補償精度・受取手数料を見る ▼
オプション予備バッテリー 200円
充電プラグカーシガーソケット 100円
ホテル de WiFi 200円
補償精度安心補償パックミニ 200円
安心補償パックフル 300円
ライトプラン(安心補償パックフル+予備バッテリー) 500円
手数料空港受取: 0円(無料)
空港返却: 0円(無料)
宅配受取: 500円(税抜)→ 0円(無料)
宅配返却: 実費負担(元払い伝票同梱)

リベリアの主要情報とWi-Fi・国際ローミング対応情報

Liberia

アフリカ

リベリアの
Wi-Fi利用状況

《リベリアのWiFi事情》モンロヴィアはリベリア共和国の首都で、人口が50万人弱です。リベリア共和国の中では最大の都市ですが、他のアフリカの大都市と比較しても決して大きな都市ではありません。内戦の影響が、今だに市内には見られます。さてモンロヴィアでのWiFi環境ですが、アメリカ系の商業施設やホテル内でのWiFi使用は可能ですが、市内での無料のWiFiスポットを探すのは難しいでしょう。そのためモンロヴィアへの渡航を考えている方には、海外WiFiレンタルでアフリカ地域に強いグローバルデータをお勧めします。おそらく速度が問題だと思いますが、モンロヴィア内であれば、通信可能だと思います。ただネットの通信環境はアフリカでも毎年驚くほど進化していますので、これからの発展に期待したい地域であります。

リベリア主要情報

首都モンロヴィア

主要都市現在調査

大使館住所現在調査

電話番号現在調査

空港・時差・フライト時間

主要空港現在調査

時差現在調査

フライト現在調査

リベリアでの国際(海外)ローミングサービスの対応状況

au海外ダブル定額

海外ダブル定額は24.4MBまで 1,980円/日それ以上の利用だと最大でも2,980円/日

ドコモ(docomo)
海外パケ・ホーダイ

海外パケ・ホーダイはNTT ドコモが提供する国際ローミングサービス。
パケット定額で1日約3000円前後で利用可能。

ソフトバンク(softbank)
海外パケットし放題

海外パケットし放題は10MBまで 1,980円/日それ以上の利用だと最大でも2,980円/日

※端末やご利用状況によって料金やプラン、お申し込み方法など変わります、詳しくは各キャリアのウェブサイトでご確認ください。

ページの先頭へ戻る